== 雑記(未分類) ==

超大ニュース♪


『りぼん』の創刊60周年記念で、『赤ずきんチャチャ』のリーヤがぬいぐるみになって発売されるそうです!
『なかよし』も60周年で、CCさくら等で盛り上がってますよね。今、少女漫画が熱い!?


昔売られていたリーヤは、ふわふわのファーとかで再現を頑張っていたけど、いまいち似ていなかったのよね。。。

今回はバンダイから発売ってことで、まぁ、バンダイらしい無難な仕上がりなんでしょう。
ファーでモフモフ…というよりは、可愛い見た目優先でデザインされています。

私は2個予約しました!(。・ω・。)
だって、「リーヤをモフモフするまでは死ねない」と思い続けていたんですもの。可愛いリーヤのぬいぐるみなら、2個は欲しいですネ!

モフるには毛足が短いし、サイズが小さいんだけど、原作のフォルムに忠実なので、飾って楽しみます!
あれは再現は難しいですよね(^-^;)


同時に『天使なんかじゃない』のスドーザウルス、『姫ちゃんのリボン』のポコ太なるマスコットキャラも商品化される模様。最近のおもちゃ業界は、アラサーを狙い撃ちだな…


そうそう、私、明日でもう27歳になりますから。私がアラサーだなんて…ああ恐ろしい

バンダイさん、お願いですから、私の永遠の憧れ「エリザベス」を商品化してください。最近マスコットキーホルダーになったそうですが、そうじゃなくて、可愛いお人形さんで…顔や手足はソフビで







さて、前置きが長くなりましたが、『赤ずきんチャチャN』2巻を読みました。
(以下は感想ですが、少しネタバレがあります)







マイナーな脇キャラが次々に東京にやって来て、ドタバタやっております。
例の馬は、マイナーってレベルじゃねーぞ!

バラバラマン先生って、ああいう生き物(?)だったんだ。立派なモンスターだなぁ。

エリザベスの暴走では、意外とアレなエリザベスの性格がかいま見えます。ですが、昔のエピソードでは普通に優しい女の子だったので、多分今回ははっちゃけてただけだと思う。セラヴィー、嫌われてないよ大丈夫!
そしてセラヴィー、オジサン呼ばわりされてましたが、世間では20代だともうオジサンおばさんなんでしょーか。私もグサッときたぞ。

そうだ、Nのセラヴィーに足りないものはエリザベスだったんだ。やはりセラヴィーは、エリザベスを抱っこして、腹話術で会話する変態じゃないと面白くないですね。(今思えば、かなりトンデモな設定ですね…)

吸血鬼のきゅーちゃんは、登場のたびに作者が顔の描き方を忘れてるみたいです。もはや別人ですが、それもまたネタの内。

リーヤの実家の家族が増えまくってました。じいちゃんがリーヤのことを忘れていたのは実はかなりショッキングだったのですが、チャチャって結構黒いネタを普通に出してくるよね。
狼の一族の子は、親の片方が狼ならみんな狼になるみたいなので、チャチャとリーヤの間に子供が生まれたら、きっと狼だ。父親のバカさと母親のドジを受け継いだ、見た目はかわいい狼になるだろう。←悪口ではない

セラヴィーの義父のリザードが悪い意味で活躍してます。トカゲ版が怖すぎる。


相変わらずの独創的な展開と、ぶっとんだギャグで笑わせてくれます。

3巻はきっと、しいねちゃんが表紙ですね!何巻まで出るんだろう、楽しみです。



最近またアニメを見出しました。香取慎吾が演じるリーヤ、私は結構好きなんですが…(^-^;)ハマり役だと思いますよ。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 14:36:07 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next