== 雑記(未分類) ==

ディズニーのパクリ映画

『ディズニー映画の悪役キャラクターの子孫は悪役? 米ディズニー・チャンネルがユニークな発想のオリジナルドラマを製作。『Descendants(ディセンダンツ)』(原題)、年内に日本上陸も (C)Disney
ディズニー映画の悪役を代表する存在でもある『眠れる森の美女』のマレフィセント。昨年、アンジェリーナ・ジョリー主演の映画が大ヒットしたことも記憶に新しいが、米国のディズニー・チャンネルでは、マレフィセントの娘を主人公にしたオリジナルムービー『Descendants(ディセンダンツ)』(原題)を製作。日本でもケーブルテレビやBS・CS放送の「ディズニー・チャンネル」での独占初放送が決定している。

『Descendants』とは、英語で“子孫”を意味し、そのタイトルどおりに「もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?」という驚くべき発想から誕生したオリジナル作品。
それも悪役の子孫に着目。』
(オリコン [5/8 22:58]より引用)




これは、アメリカで大人気のモンスターハイや、エバーアフターハイの発想をそのまま真似してディズニーブランドにしただけ。“○○の娘”って発想は、モンスターハイだよねぇ?知らないとは言わせない。

「フランケンシュタインの娘」や「オペラ座の怪人の娘」とどこが違うのか教えて~。コワいキャラの娘っていうネタに、全く新鮮味がない。
エバーアフターハイには、白雪姫の継母の娘もいたと思いましたが。

まぁ、ネズミーにオリジナリティなんて期待してないけど。白雪姫やらラプンツェルやら、グリム童話等を原作にしたアニメばっかりですもんね。日本ではネズミーがオリジナルだと信じこんでる方も多いのですけれど。



最近、ネズミーは変な実写を連発してますね。
そろそろ、原作にできる童話探しにも無理が出てきたのかしら。無理にラプンツェルをネズミー化したら、原作の面影ゼロでしたね。

パクリなんてしてる暇があったら、『マレーン姫』でもアニメ化してろ。
『ガチョウ番の娘』を原作に忠実にアニメ化したら、評価するw
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 23:33:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next