== SPIRIT DOLL Nymphaea ==

SPIRIT DOLL Nymphaea★お迎えレポ~序章~

このたび、



SPIRIT DOLL 
Dolce
Nymphaea ~紅蓮~


お迎え致しました!!!(*^▽^*)


IMG_2317.jpg




命名:夜宵紗霧(やよいさぎり)








中国のドールメーカーは初めてなので、色んなことが衝撃的でした。
もし、これから中国のドールをお迎えしようと検討中の方がいれば、不安なこともあるでしょうから、このレポを参考になさってください。

結論から言えば、「顔がすごく気に入ったなら、お迎えしてもいいかも」
もう、これしか言えません。(ちょっと不穏な空気)









では、お迎えレポートです。
※ウィッグやアイが不完全な状態で写真をアップしているので、とりあえず「序章」です。。。



お洋服も下着もないため、裸状態です。
苦手な方は回れ右!!!













































先日DOLKさんに「どうなってますかー」と問い合わせたら、「制作中です」とのお返事。ここのメーカーは少し時間がかかるとのことで、気長に待とうと思ってました。

ところがどっこい、昨夜DOLKさんから「配送しました」との連絡が!

ああ……、問い合わせしたから催促したっぽくなったのかな……と思いつつ、「もう配送しちゃったってことだから、あとは届くのを待とう」と思いました。
そして翌日(今日)、すぐに届きました。





IMG_2298.jpg


箱は小さめ。
CROBIのR-lineの箱が、ぴったりジェニー3体分だったのに対し、こっちは2体分とちょっとくらい。

Nymphaeaは75cmなのに、CROBIの63cmの子よりも箱が小さい!?

不思議に思いつつ、開封。



IMG_2299.jpg

噂のキャリーバッグですが、たぶんウチに来たのは不良品ではないと思います。
(金具がついていないなどの不良品があるそうです。)




IMG_2300.jpg


意外と厳重。
これは結構使えそう。




いそいそとクッションを開いてみます。

すると……








IMG_2301.jpg



膝を折った状態で入ってました。

既存のサイズの子用の小さいバッグに、無理矢理詰め込みました感がすごいです。
彼女専用サイズのバッグを作る気はなかったようです。

まぁ、ギチギチに詰め込んであるわけでもないので、そこまで心配はいらないと思います。
壊れてなければ無問題。



IMG_2302.jpg


お顔がうっすら透けていらっしゃる……。



持ち上げてみると、「でっ……かい!!」と思わず言ってしまうほどの存在感。
そして、かなりズッシリしています。
さすがは75cm。比較対象も一緒に写せばよかった。。。とにかく大きいです!






それではお顔を見てみましょう。
ドキドキ……







IMG_2303.jpg







……????


ここで私、固まりました。



この子は、グラスアイもセットのはずなんです。
なのに、装着されていません。

「あれ?」と思い、バッグや段ボール箱をくまなく探しましたが、グラスアイが入っていません!!
ここはすぐにDOLKさんに問い合わせました。後日返事があるはず。




IMG_2304.jpg



まぁでも、アイがなくても美人さんです。





IMG_2305.jpg


この角度がベストかな。



公式写真の、ちょっと不機嫌そうな表情もよかったですが、儚げな美少女っぽいこのメイクもいいと思います。
個体差はどのメーカーでもあることなので、特に気になりません。
そこまで公式と差はないと思うし、メイクは綺麗にされているし、まずまずという感じ。
写真詐欺ではなかったようで安心しました。






IMG_2306.jpg


とりあえず、仮の目玉を装着しました。
黒目のサイズ的に一番合うのがコレだったので水色にしましたが、どう見ても西洋人風。
和風のこげ茶色のアイが欲しい。。。




アップ。
IMG_2306a.jpg

公式写真よりも赤みが足りないかも?

CROBIと比べるとどうしてもアッサリした印象になってしまいますが、メイク自体は綺麗です。
(CROBIと比べたらダメか……)



IMG_2306b.jpg

縦皺の線の描かれていない、つやつやの唇。
これはこれで陶器っぽくてアリ。
もうちょっと濃い赤でもよかったかな。


ホクロは、最初は「ジャマかな~」と思いましたが、そんなに目立たないです。ただの汚れじゃないよ!(主張)




IMG_2309.jpg



横顔がキリッとしてて、クールビューティーな感じ♪
アニメ顔の子は横顔がイマイチだったりするので、横顔美人さんは貴重です。
彫りが深すぎないあたりが、東洋って感じ。



この子、顔の造形が本当に綺麗。
創作人形っぽい感じですね。



IMG_2307.jpg

ヘッドの後ろ。








ここからはボディの写真。

サイズの合う服や下着がないため、裸です。。。



※2015年発売のDolceラインの新作ドールより、ボディが新しくなっています。特に、手パーツの造形が変更になっています。
それ以前に発売されたドールも、今後は新ボディの可能性が高く、このレポ写真は参考にならないかもしれないので、お迎え時はメーカー等にお問い合わせください。

ボディ変更についての記事はコチラ



















IMG_2312.jpg


あまりクセのない造形。
海外っ子にありがちな巨乳ではありません^^;

肌の色はノーマル肌にしましたが、CROBIより少し濃い目かも。(CROBIが白めなのかも。)
透明感はあまりないかな……という印象。



IMG_2319.jpg



肘の可動域はSDと同じくらいですが、足は結構よく動きます。
脚は太めで長すぎず、リアルな人間っぽくてバランスがいいです。




IMG_2310.jpg


指先がめちゃくちゃ綺麗!!

爪がとても長いので、折らないように注意!




IMG_2311.jpg


手のひら側。






IMG_2315.jpg


膝の関節は、いちおう1つのパーツとして独立しています。
完全な球の状態ではありませんが。(膝裏に溝が2個あるような形)





IMG_2313.jpg


むちむち。
これくらいお肉があったほうがいいですよ!!
バンビ脚? なにそれおいしいの? お人形も健康的でないとね。












ここからは、問題箇所。



IMG_2314.jpg


足首部分に傷があります。ガリッとやっちゃった感じ。
これは少し悩みましたが、

・交換するのが面倒くさい
・交換品まで不良品だったら目も当てられない(海外ではありがち)
・ヤスリでなんとか直せそう
・これがチャイナクオリティ

以上の理由から、このままにすることに。
日本のメーカーなら交換してもらうところですが、壁が分厚すぎます。





IMG_2316.jpg

この子は太ももの関節が独立球で、それはいいんですが、
ご覧の通り、傷? 手の脂?が目立ちます。


実はコレ、ボディ全体にあります。。。
組み立ててからボディを綺麗に拭く……という工程がないのでしょうね。
まぁ、インク汚れのようなものではないので、布かメラミンスポンジなどで全身を拭いてあげてください。(モンスターハイのお迎え心得と同じって、アンタ。。。)



ボディがあまり綺麗な状態でないあたりは、中国製リカちゃんのおかげで免疫があったので諦めました。中国と言う国を甘く見ちゃいけない。爆発しなければそれでいいです。

日本製の子だって韓国製の子だって、組み立て直後は手の脂でベタベタなはずです。
仕上げはオーナーがやってあげましょう。ドールとの絆が深まります、きっと。









一番の衝撃



IMG_2308.jpg


なんか……膝関節あたりに……小さな虫の死骸がくっついていました……。
たまたまクッションについていたのか、梱包時に紛れ込んだのか、経緯はわかりませんが、



やめて(虫嫌い)


さすがチャイナ、神秘の国。日本人には予想もつかないようなことが次々と。
まぁ、お国柄の違いを楽しむくらいの心の余裕を持ちましょう。ネ!








さて、気を取り直して。
お次はウィッグです!

……実は、プーリップ用のウィッグ(伸縮性が高い)なら大丈夫かなぁと思ってためしに被せたんですが、全く太刀打ちできないほどサイズが違ったので、他の子のウィッグを借りてきて被せてみました。
それでも全然、サイズは合ってません。。。




IMG_2317.jpg


一応、こんな感じ。
前髪が乱れまくってますが。。。











*名前について*



イメージが公式で和風の子なので、この子の名前も和風にしようと思いました。

決定した名前は、 『夜宵紗霧』(やよいさぎり)。

ヤヨイさんでもサギリさんでもなく、ヤヨイサギリさんです。
『ヒーリング・プラネット』の伊吹邪甲みたいなもんです。(このネタ、わかる人はいるのか……)


もともと、私がまだ創作人形を自作していたときに、 「隠れキリシタンなのに自殺しちゃって、吸血鬼になって、墓から這い出して夜の森を彷徨う黒髪美少女を作りたいなー」などと思っていたもんですから、そのイメージが彼女にピッタリ重なってしまったのでした。

というわけでこんな名前。創作人形由来だということで、珍しく中二っぽいですが、自覚はあるのでお許しくださいませ。
(めんどくさい当て字系は、乃衣留ちゃんは流行に乗ってそういう名前にしたけど、そのほかの子は意外と普通の名前の子ばかりなんですよ。クララとかナタリーとか。)






IMG_2318.jpg


高級人毛ウィッグにしようか、ブライス用の大きめウィッグにしようかで悩んでます。
この子は、目玉はなんとかなりそうですが、服やウィッグは難民決定です。
靴は……裸足のほうが吸血鬼っぽいかな(適当)





とりあえず、彼女に似合うウィッグや目玉、服を揃えてあげて、いずれ完璧なドールとしてお披露目致します!








今回は、ドール本体のご紹介でした。
最初に言った「顔がすごく気に入ったなら、お迎えしてもいいかも」
という言葉の意味が、お分かりになったかと。^^;;;

ボディ本体は難アリだし、あちこちがチャイナクオリティですが、写真詐欺はありませんし、ヘッド自体は全く問題ありません。

お迎えを検討されている方のお力になれたら、幸いでございます……。






以上、お迎えレポの序章でした。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 19:50:14 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next