== 雑記(未分類) ==

リカちゃんキャッスルに、怒りを覚える。


今週私は、クレーム処理に追われ、精神的に疲れきっていました。

私を支えていたのは、リカちゃんキャッスルから届いた荷物。
中には、私が目の色や髪型を選んだ、期間限定の月間サヤカが入っています。

私はそれを土曜日の朝に開封することだけを楽しみに、毎日がんばって仕事をしました。




そして今朝、ものすごく楽しみにしていた箱を、やっと開封しました。






そこには、私が注文したのと違うサヤカが入っていました。



私が選んだ仕様は、茶色の瞳です。ですが入っていたのは、紫の瞳のサヤカ!!!



私は悩みに悩んで仕様を決定したし、誕生日に発送されたから「誕生日プレゼントみたいだわ」と本当に嬉しく思ったし、平日は時間がなかったので、今日の開封を本当に楽しみにしていたのです。



なのに!!
注文した子じゃない!!!



さらに私の怒りに油を注いでいるのが、これが“4度目の間違い”だということです。
人形の仕様誤りに始まり、プリントずれのある不良品、靴の種類誤り。。。
過去にこれだけ間違って送ってきておいて、また!?
リカちゃんキャッスルの配送の体制って、いったいどうなってるの?



ここまで酷ければ、どんなに温厚なドールファンでも怒るでしょう。というか、怒ってもいいでしょう。

ドール愛好家にとって、目の色や髪の色、髪型、髪質、それら全てはとても大事なもののはず。
たとえ、梱包するのがアルバイトのオッサンだろうが、人形に愛なんて微塵もない地元の高校生アルバイトだろうが、これから人形をお迎えしようとワクワク準備して待っているドールファンをガッカリさせてはいけないのです。

納品書には、しっかり「茶目」と書いてあります。明らかにアチラの間違いです。



もともと精神的にまいっていて、このサヤカとの対面だけを楽しみに今週の激務を乗りきっただけに、本当にショックで、怒りがおさまりません!!





届いた人形は美人です。サヤカですもの。紫目も嫌いではありません。チークは濃いめで、ウチにいないタイプ。サヤカですから可愛いに決まってます。
ですが、問題はソコじゃない!!彼女を見るたびに、開封時の怒りと落胆を思い出すのです。せっかくのサヤカが台無しです。本当に、リカちゃんキャッスルの通販はズサンです。




こんな風に、望まれずに我が家に来てしまったサヤカも可哀想です。彼女には、本来の行き先があったはずなのに!
そうしたら、落胆されずに、正式な持ち主にすぐにきれいな服を着せてもらって、撮影してもらって、可愛がってもらえたでしょう。

ですが今の私には、それができません。きれいなドレスは未開封のまま放置、サヤカも下着姿のまま放置です。


呆れてどうしようもありません。人形に罪はないけれど、今すぐに可愛がれと言われても、無理ッ!!!






私はすぐさまクレームを入れて、今はキャッスルからの連絡待ちです。
クレーム処理でクタクタだった私が、今度はクレームを入れる番です。なんなのだ。


怒りがおさまらない私は、朝まだ寝ている母親に電話をかけ、寝起きの母親にことの顛末を説明。
母親は寝起きながらも「それは酷い」と共感してくれました。あの人も、商品間違いなんかにはうるさいタイプなので。
物を売る仕事を実際にしていたこともあって、仕様誤りにもうるさい。





たとえ正しい茶目サヤカと交換してもらって、雛形通りの謝罪文をもらったところで、私の怒りはおさまりません。毎回謝罪文は同じだし、あんなの事務的にプリントアウトしてるだけの物だから。誠意を感じない。

正しい茶目ちゃんと交換するのだって、手間がかかります。私は忙しいんですよ。開封が今日まで引き伸ばされるくらいにね!



嗚呼、本当に不愉快です。リカちゃんキャッスルから違う商品が届くっていうケース、結構多いんじゃないの?私一人でも何回も被害にあってるんだから。



とにかく、この紫目サヤカが可哀想で、可哀想で。正しい持ち主に開封され、歓迎されたかっただろうに。こんなに美人なんだから、本来なら歓迎され、喜ばれたかったはず!!
彼女が最初に見た私の顔は、とても怪訝そうで、人形自体も不安に思ったことでしょう。

持ち主に歓迎されなかった人形は……どうなるのでしょうね。



紫目はいいですね。ウチ、紫目のサヤカはもう既にいるんですけどね。きれいですよね紫目、ウフフ。嫌いじゃないですよ、ウフフ。

仕様誤りと、配送のズサンさが許せない。
ただ、それだけです。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 11:02:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next