== 雑記(未分類) ==

英国ゴシック文庫†『見えない少女』


今日は、約一年前に開催された文学フリマで買った本を読みました!(遅!!

英国ゴシック文庫様発行、『見えない少女』(メアリ・シェリー著、市川純訳)。



なぜこの本を、フランキーが紹介していると思いますか???




実はこのメアリ・シェリー、『フランケンシュタイン』の作者なのです!!
フランケンシュタインを生み出したのが彼女ならば、彼女はフランキーのお祖母さんになるのかしら?




さてこの作品、あとがきによれば、どうやら日本では初めての翻訳となるらしい。

主人公の男が、荒れ果てた塔の中で、少女の肖像画を見つけます。その少女にまつわる幽霊の噂の謎、そして少女の正体とは……。

タイトルとあらすじと冒頭だけ見た感じでは、「塔の中に少女のユーレイが出るのね!」と単純に思い込んでいたわけですが、ところがどっこい、そんな話ではなかった。
私はホラー脳なので、それらしいシチュエーションの話だとすぐにユーレイと決めつけてしまうのですが、幽霊の噂があるからといって、幽霊が必ず出てくるとは限らないのだ。

もちろん、フランケンシュタインのような怪物でもなかった。



短編ですが、原文を尊重したとのことで大変読みづらいところがあり(あとがきにも書いてありました……)、読むのに時間がかかってしまいました。
英語の小説を日本語に訳して、さらに読みやすくするっていうのは大変な作業なんだなと思いました。……子供向け玩具(人形)のパッケージの英語すら読めない私には、縁のない話です。


実はまだ手をつけてない本があったりします。時間がある時に読まなきゃ~。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 19:48:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next