== キャストドールMIX ==

永遠の少年少女、有限の美しさ

IMG_4757_Fotor.jpg


「天使の歌声」で検索すると、海外の少年合唱団の動画が数多くヒットします。
声変わり前の短い期間しか出ない、貴重な歌声。
これがもし限りなく出続ける声だったなら、美しさは半減してしまう。
桜の花は、いつか散るから美しい。
それと全く同じ理由で。


お人形は、いつまでも少年少女の姿のまま、成長しません。
大人にならず、ずっと美しい姿のまま。
でも、お人形にも、“経年劣化”というものがあります。
つまり、彼らの美しさは有限なのです。
シルエットは少年少女のまま。でも肌には、確実に目に見える劣化が起こります。
だからこそ、今にしかない輝きを、写真におさめたくなるのです。






数日前から、オルゴール熱が再燃してきました。
一時期オルゴールにハマっていて、沢山集めてたんですよ。

IMG_4747.jpg


これは、鎌倉オルゴール堂に行った時に買ったもの。
ネットショップではなかなか見かけなくて、一度ショップを見つけたんだけど、後日どこの店だったか忘れてしまって。でも、ずっと欲しくって。
たまたま店頭で見つけて、即購入。

このオルゴールの特別な所は、“蝶の羽がパタパタする”ところ。




IMG_4746.jpg


上の写真と見比べると、羽が動いているのが分かるでしょうか?
「星に願いを」の落ち着いたメロディに合わせて、ゆっくりと羽ばたきします。
羽のスワロフスキーがキラキラして、本当に綺麗です!
(こちらのネットショップには動画もあります→http://item.rakuten.co.jp/tone-online/dy0760/)


「星に願いを」は、そこまで好きな曲でもないんだけど、このオルゴールのブルーにとても似合ってて、メロディがゆっくりめなので癒されます。
(15秒間しか音が流れないので、曲目によっては、すごくテンポが速い。)
今の今までピーターパンの曲だと思ってたんだけど、ピノキオだったのかー!


IMG_4748.jpg


エクサントリークの蝶アクセ入れになってます。蝶がうじゃうじゃ……(^▽^;)


「ラ・カンパネラ」や「オペラ座の怪人」のオルゴールが欲しいんだけど、「オペラ座の怪人」は30弁の高級オルゴールしかなくて、手が出ません!!
オルゴールメカだけで1万円超えとか……。オルゴールって結構高いよね。
18弁で可愛いのを見かけたんだけど、曲目がイマイチだったり。
オルゴール選びは難しい。

一番欲しいのはディスク型のやつ。あんなの、大きなお屋敷か博物館にしか置けないよ。




そういえば我が家には、母親が子供のころに買ったという超レトロなオルゴールがあるのですが、安心安全の日本製だからか、壊れる気配がありません。
もしかしたらこちらは、永遠に美しいままかもしれませんね。
メロディは儚いけれど、ゼンマイの生命は強いのです!
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 15:45:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next